立春

2022・2・4(金) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで、メンデルスゾーンの”春の歌”。春の息吹が感じられる明るいメロディ。今日は「立春」。 24節気最初の節気で英語ではEquinoxというけどThe first day of springとかBigining of springだけど春の初日、始まりと言ってもまだまだ寒い冬の…
コメント:0

続きを読むread more

終日在宅

2022・2・3(木) 今朝のお目覚めの名曲は、ヴァイオリンでサン・サーンスの”序奏とロンドカプリチオーソ”。良く短縮で呼ばれる”ロンカプ”。ヴァイオリンの名曲である。初めて生演奏を聴いたのは、沼津で高瀬真由子さんの演奏で・・・・。素晴らしかった!!その後、東響コンマスやミストレスの演奏でも聞いて来たけど大好きな曲の一つ。 今朝は早…
コメント:0

続きを読むread more

予定通り

2022.2.2(水) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで,モリコーネの"ニューシネマパラダイス"。素敵なメロディ。映画のストーリーもとても感動的だった。モリコーネの音楽は人の心にいつまでも残る名曲ばかり。 今日はいくつかやらなければならない課題があって,午前中に暖かくしてバスで池上駅まで。先ず、ドコモのお店に予約時間より早く到…
コメント:0

続きを読むread more

上京

2022.2.1(火) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで,イギリス民謡"アメイジンググレイス"。誰にでも親しまれる名曲。讃美歌であり,昔黒人霊歌かと間違っていた。奴隷解放を願ってこの歌を歌って行進していたから。 結婚式でも良く歌われたとか。私には映画"風に立つライオン"のテーマが耳に残っている。沼津で暫く過ごした私,今日の診察…
コメント:0

続きを読むread more

土鍋

2022・1・31(月) 今朝のお目覚めの名曲は辻井さんのピアノで、ショパンの”別れの曲”。エチュードで副題はショパンが付けたものではなく日本では”別れの曲”。ゆったりとして詩的で、本当に美しい曲だと思う。 今日は朝から良く晴れてお日様一杯の美しい朝。富士山は朝日に映えて銀色に輝いていた。風もなく比較的に暖かい1日だった。 午前中…
コメント:0

続きを読むread more

寒い朝・哀しみ

2022・1・30(日) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで、ポッパーの”タランテラ”。ダンスの曲で情熱的で元気の出る音楽。朝から明るい音楽が聞こえていたけど富士山は見えず曇り空でお日様の顔を見たのは10時半過ぎだった。 72候で”鶏始乳”。今では1年中鶏さんは卵を産むけど。昔、寒い冬場には産卵しなかったとか。鶏初めてと屋に入る…
コメント:0

続きを読むread more

友来る

2022.1.29(土) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで、クライスラーの"ロンディーノ"。ベートーヴェンの主題によるクライスラーのバイオリンの名曲。私はチェロで聴く。 今朝は冬晴れと言われていたけど,曇りがちで,富士山ははっきり見えなかった。生ごみは少ないので,あえて捨てず、朝はゆったりと過ごした。友人が昼前に見えるて言うの…
コメント:0

続きを読むread more

1つひとつ

2022.1.28(金) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで,イングランド民謡"グリーンスリーブス"。讃美歌である事は昔,知らずに親しんで来た懐かしい名曲。午前中は時雨ていて、曇りで富士山も見えなかった。 朝の内,足場屋さんがお二人見えて,解体工事。とても良い方々で,リビングでお茶とお菓子で休憩して頂いた。非常に慎重に、『このよ…
コメント:0

続きを読むread more

休養日

2022.1.27(木) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノでオペラ.トゥーランドットから"誰も寝てはならぬ"。いつまでも寝てはいられない。FBをチェックして居たら,7年前の白鳥の羽を広げた画像を見つけた。 我が家の前の川に舞い降りた2羽の大白鳥がシベリアに飛び立つ迄毎日の楽しみだった。毎年,来年は子供連れて此処へ来てねと心待ちし…
コメント:0

続きを読むread more

待ち人来たらず

2022・1・26(水) 今朝のお目覚めの名曲は、チェロとピアノで、ショパンの”別れの曲”。子供のころから慣れ親しんだ名曲。娘のレパートリーの1つでもある。 今日は先ず生ごみを捨てにお外に出たけど、それほど寒いとは思わなかった。尤も沢山着こんでいるからか・・・・。富士山ははっきり見えなかったな。 昨日めったに会えない友人に、沼津に…
コメント:0

続きを読むread more

屋根瓦のズレ修復工事

2022.1.25(火) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで、シューマンの"アダージョとアレグロ"。素敵な曲で,いつか生で聴きたい1曲。72侯で"沢水凍りつめる"頃とか,漢字を見ただけでも寒そう。1年で最も寒い時である。 今朝はプラごみを捨てる日なので早く起きて捨てに。真っ白な富士山が朝日に照らされて,神々しいほど銀色に輝いてい…
コメント:0

続きを読むread more

ひとりで〜

2022.1.24(月) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで、"G線上のアリア"。沼津の家で1人で迎えた朝。寒中だから寒いに決まって居るけど,昼間は比較的に暖かかったかな。 昨夜の雨は上がり昼近くにはお日様も顔を出した。玄関先の枯葉を掃いて、足場工事の方を待つ。中々見えないので部屋を片付けたり,電話をしたり。 JAの方が見えた…
コメント:0

続きを読むread more

公園掃除

2022.1.23(日) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで,ブラームスの."チェロソナタ".日曜日にしては早く起きた。8時から公園の清掃当番。 最後の当番になる。小さな公園のお掃除当番が半期に1度回ってくる。凡そ20人で,お掃除当番の時くらいしか,町内の人が集まることはない。 実際には転居後で、最後のお当番。偶々通院の為帰沼…
コメント:0

続きを読むread more

故郷の我が家

2022.1.22(土) 今朝のお目覚めの名曲はオケで,ドボルザークの"新世界から"。実に素晴らしい曲だと思う。昨年の新年音楽会から。今年の大河ドラマでこの曲が流れた時はびっくりした。 昨夜体調が悪く早く寝て今朝4時までぐっすり。でもそれから眠れないまま6時を迎えた。その後いつしか眠りの世界へ。 娘がお布団中に潜り込んで来た。そう…
コメント:0

続きを読むread more

通院日

2022.1.21(金) 今朝のお目覚めの名曲は無かった。昨夜,お布団に入ったのは0時半。入浴後は温まって寝たのだけど,4時前にトイレに起きたら凄く寒かった。 その後中々眠れず,5時半過ぎに起きてしまった。今日は通院日で,早く起きねばならなかったから少し早いけど。朝未だき,辺りは真っ暗。 サンルームの屋根から,綺麗な月が輝いて,ガ…
コメント:0

続きを読むread more

大寒

2022.1.20(木) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで、シューマンの"トロイメライ"。夢,夢想,夢み心地〜。本当にうっとりする様な,良い夢を見ました〜と言う感じ。 今朝何か夢を見ていた様な気がするけどはっきり覚えていない。大寒の朝を迎えた。漢字を見ただけでもおー寒いと思う。 でも今朝はよく晴れて風も無く太陽が輝いていた。…
コメント:0

続きを読むread more

クッキングは楽しい!

2022.1.19(水) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで,リストの"愛の夢"。今朝は予報通り冷えて居た。中々お布団を出られない。朝早い内はお日様のご機嫌が良かったけど,雲が多めで,日が出たり陰ったりの寒い1日。 ホットミルクが体を温めてくれる。ベランダに出ないとお外の様子はさっぱりわからないけど,人通りは殆どなく,周りのマン…
コメント:0

続きを読むread more

今年最初の満月

2022・1・18(火) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで、モンティの”チャールダーシュ”。ハンガリーのダンスの名曲で多くの作曲家がクラシック音楽に取り入れているかな。ヴァイオリンの演奏をよく聞くけどやはり珍しいチェロで。深みのある音色が素敵。 今日も娘の出勤後のお目覚めで。此の所夜中に3回ほどトイレに起きるので、ついつい朝寝…
コメント:0

続きを読むread more

おふくろの味

2022.1.17(月) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで、ポッパーの"タランテラ"。娘は出勤後に起きた呑気な母さん。今日は珍しい雲が一杯の大空で、中々お日様の顔が見えなかった。 お花達をベランダに出すのも辞めて、午前中はテレビの録画を楽しんだ。お買い物に出るのも気になって〜。日に日に急拡大して行くオミクロンが矢張り気になる。…
コメント:0

続きを読むread more

日曜礼拝

2022・1・16(日) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで、”タイスの瞑想曲”。早く起きて、お出かけのお仕度。今日は新しい教会に行くようになって2回目の礼拝。 牧師先生にも問われたけど・・・・今日は間違わずに大森山王2丁目でバスを降りた。慣れたかな?早く着いたのでゆっくり礼拝の準備ができた。 コロナの感染拡大で、換気や消毒、…
コメント:0

続きを読むread more

小正月

2022.1.15(土) 今朝のお目覚めの名曲は、バイオリンでフォーレの"夢のあとに"。休日なので中々娘は起きない様で。私も遠慮して。ベッドでアイパッドで名曲の数々を聴いて居た。 チャイコの弦楽セレナード。何とサイトウキネンオーケストラで、指揮者は小沢征爾さん。黒髪フサフサで〜。続いて辻井さんでラフマニノフのピアノコンチェルト。 …
コメント:0

続きを読むread more

雲一つ無い

2022.1.14(金) 今朝のお目覚めの名曲は、YouTubeで流れるバイオリンとビオラの演奏で、ヘンデルの"パッサカリア"。バイオリン1本で、バイオリンとビオラで、バイオリンとチェロで何回か聴いた曲。横浜で水谷さんと大陸さんのバイオリンとビオラ。また北海道てニキティンさんと黄原さんのバイオリンとチェロの生演奏は格別だった。矢張り音…
コメント:0

続きを読むread more

良いお天気が続くようで

2022・1・13(木) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで、ブラームスの”チェロソナタ1番”。チェロソナタの中で一番のお気に入り。今朝は娘の出勤する時間にちょうど起きられて「行ってらっしゃーい」。 やはり毎朝声をかけてあげられる方が良いな、と思うけど。昨晩は夜中に目が覚めて朝方まで眠れなかった。どうも良く眠れるお薬を飲み忘れた…
コメント:0

続きを読むread more

洗濯日和

2022・1・12(水) 今朝のお目覚めの名曲は、チェロとピアノでカッチーニの”アヴェマリア”。ルンバさんのお掃除する音で起き上がった。「お洗濯をしているから干してね・・・・」と言って娘は出勤して行った。 今日はよく晴れた青空で気持ちが良かった。させた洗濯物を干し終わって、お花たちを外へ出して日光浴させた。朝ドラで”マー姉ちゃん”が…
コメント:0

続きを読むread more

鏡開き

2022.1.11(火) 今朝のお目覚めの名曲は、東京シティフィルでホルストの惑星から、木星。7つの星座のうち、一番有名で素敵なメロディ。平原さんの歌で誰にも親しまれた 今日は、鏡開き。元々、お正月は神道の行事で、年神様に繋がる。松の取れた11日に、無病息災を願い、神様にお願いする武家の慣わし。鏡餅をさげお雑煮にしたり、お汁粉にして…
コメント:0

続きを読むread more

成人の日

2022.1.10(日) 今朝のお目覚めの名曲は、ハイドンの弦楽四重奏曲77"皇帝"。2楽章が大好き。ドイツ国歌であり、ウィーンの国歌でもある。日本では讃美歌として良く歌われる。 今日は3連休の最後で、成人の日。私には未だ成人式は1月15日の方がしっくり来る。自分にとっても忘れられない成人式。 母が誂えてくれた晴れ着で、母はその日…
コメント:0

続きを読むread more

今年初めての礼拝

2022.1.9(日) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで、アイルランド民謡"ロンドンデリーの歌"。哀愁のあるメロディで大好き。またチェロの優しい深みのある音色が何とも言えない。 住み慣れた沼津を離れてまだ日数を数える程でも無いけど、今朝の富士山の写真をラインで送って頂いて懐かしかった。"故郷を離るる歌"のメロディが浮かんだ。 …
コメント:0

続きを読むread more

3連休初日

2022.1.8(土) 今朝のお目覚めの名曲は、オケでハイドンのチェロコンチェルト。4大チェロコンチェルトの中で一番好きな曲。明るくて楽しくて。 今日は娘の3連休初日。目が覚めても、遠慮してずっとお布団の中でハイドン名曲集を聴いていた。耳慣れない曲ばかりだった。だから曲目はさっぱり分からない。 交響曲の父、弦楽四重奏曲の父と言われ…
コメント:0

続きを読むread more

人日の節句・七草

2022・1・7(金) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで”タイスの瞑想曲”。静かにメディテイションしたくなる名曲。目が覚めるとカーテンの切れ目から明るい光が・・・・。 今日は予報通りマイナス1度で明るい太陽が真っ青な空にきらきらと輝きひんひゃりとして。昨日の雪は実に4年ぶりだったとか。私が家の前の曲がり角ですってんころりんした…
コメント:0

続きを読むread more

雪が降った!

2022・1・6(木) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで、エルガーの”愛のあいさつ”。エルガーが愛する夫人にささげた愛のメロディ。愛がいっぱい溢れている名曲。コンサートのオープニングに「ご挨拶代わりに…」と演奏されることが多い。 今朝はお寝坊をしてしまった。カーテンを開けるとなんと雪が舞っていた。予報通りであったけど・・・・。…
コメント:0

続きを読むread more

小寒

2022・1・5(水) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで、ショパンの"チェロソナタ"。ピアノの詩人と言われるショパンが残したピアノとチェロのための室内楽は3曲といわれる。“序奏と華麗なるポロネーズ”は大好きな曲。 ショパンらしいというか聴きごたえのある素晴らしい曲。一方このピアノソナタは静かで・・・・。ショパンはチェロコンチェ…
コメント:0

続きを読むread more

初定期検診

2022.1.4(火) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで、ブラームスのチェロソナタ。元気を貰える。大好きなチェロソナタ。 今朝は少し早めに起きて3が日に出たプラごみを捨てに。お部屋に居るより外気は其れ程寒くなかった。でも富士山は真っ白。 3が日風も無く穏やかだったのに、今日はかなり強風。風が無ければ温かいかな。朝食はお節の整…
コメント:0

続きを読むread more

3が日も過ぎて

2022・1・3(月) 今朝のお目覚めの名曲は東京多元交響楽団で、シュトラウスの“春の声”。新年の相応しい名曲で、昨年のニューイヤコンサートのオープニングの曲だった。今年は残念な事に中止。 でもDVDで聴くことができて嬉しい。今朝までお屠蘇とお節料理、お雑煮でお正月を祝い、連日穏やかでお正月日和。富士山は真っ白で誠に雄大。風もないの…
コメント:0

続きを読むread more

初夢・書初めは〜

2022・1・2(日) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで、シューべルトの”アヴェマリア”。沢山あるアヴェマリアの中でも特に3大アヴェマリア、その中でも最も親しまれたシューベルト。子供の時から大好きだった。カッチーニに出会っていいなあと思ったけどやはり今はシューベルトかな。 今朝の夢が初夢と言われているけど、私はこの年になるまで…
コメント:0

続きを読むread more

Happy New Year、2022!

2022・1・1(土) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで、成田為三の“浜辺の歌”。素晴らしいメロディに日本の情景が瞼に浮かぶ名曲。この曲に日本を思い淡い憧れを抱く人も居れば、遠く故郷を離れて日本を懐かしむ人も多い。 日本は素晴らしい国、毎年お正月に思う事。日本に生まれて良かった。今年も元気に新しい年を迎える事が出来た。 やは…
コメント:0

続きを読むread more

大晦日

2021・12・31(金) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで、ショパンのチェロソナタ。今年はショパンコンクールの年で、日本人の活躍がめざましかった。良くショパンを聴くことができた。 コロナ禍で、何もしないうちに今日は大晦日。取り立てて大掃除をすることはなく、でもお正月を迎える準備万端〜。お節料理作りに精を出した。 買い忘れた…
コメント:0

続きを読むread more

年末買出し

2021・12・30(木) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで、アイルランド民謡“ロンドンデリーの歌”。故郷を思いやる哀愁に満ちた名曲。沼津に生まれて育ち、喜寿を迎えるまで故郷を離れたことのない私、でも子供の頃遊んだ野山や友人達は随分変わって世相も変わった。 幼かりし頃を懐かしむ心は郷愁に繋がる。早くに亡くした兄達や両親、別れて…
コメント:0

続きを読むread more

年の暮れ

2021・12・29(水) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで、パッフェルベルの“カノン”。誰にも親しまれた名曲。ハンナちゃんが良く弾いてくれたな。 ピアノが大好きな彼女。今は子育てで大忙しだろう、しかも年の暮れ。暖かくなったらベビーを連れて遊びに来ないかな〜。 今朝は取り立てて用事もなかったけど、いつになく早起きした。昨夜眠…
コメント:0

続きを読むread more

雪国を後に

2021・12・28(火) 今朝のお目覚めの名曲はロストロヴォービッチの演奏で“ハイドンのチェロコンチェルト1番”。4大チェロコンチェルトの中で、私はハイドンが一番好きだな。軽快で心ウキウキする。 数年に一度と言われる大雪に見舞われた雪国新潟で2日目の朝。前夜のニュースでは朝方まで降り続くと言われて居たのに朝になっても降り止まず、帰…
コメント:0

続きを読むread more

極楽

2021・12・27(月) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで、シューベルトの“アルペジオーネ”。24日クリスマスイブに籠原で初めて耳にしたこの曲。私は全く予期して居なかったけど、ピアニスト水野さんが新潟で弾く練習に〜と。 凄く感動したな〜。たっぷり聴かせて頂いて『ねえ、あの曲の題名を教えて〜』。「シューベルトの〜」「新潟で弾く…
コメント:0

続きを読むread more

雪国へ

2021・12・26(日) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで、サンサーンスの“白鳥”。チェロの深みのある優しい音色にピアノのキラキラした水面の輝き〜。美しいこと、最高の気分。 楽しみにしていた冬の新潟のコンサートが昨日の午後、急に中止となり、残念の極みだった。でも予約したホテルのキャンセルは無駄だし、それに娘には敵は本能寺にあ…
コメント:0

続きを読むread more

穏やかなクリスマス

2021.12.25(土) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで”輝く日を仰ぐとき”。スエーデンの人達は誰でもに親しまれた歌。讃美歌であり私の愛唱歌の1つ。 昨日の籠原コンサートでも演奏された。クリスマスイブコンサートは、先生方には4回目、私には連続3回目の超贅沢なコンサートであり、ガラス張りで北欧木材で作られた素晴らしい日当たり…
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスイブコンサート

2021・12・24(金) 今朝のお目覚めの名曲は目覚まし時計の音にかき消された。今日は恒例の籠原上柴教会のクリスマスコンサート。早起きしてお出かけ。 東京駅から高崎線で籠原まで。指定の電車にお二人の先生方が乗ってこない。籠原駅に着けばみんな揃う筈だったけど〜。 不安になってチェロの先生に電話すると、事故で遅れていると。ピアノの先…
コメント:0

続きを読むread more

蒲田駅へ

2021・12・23(木) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで、“ブラームスのチェロコンチェルト1番”。この曲との出会いは、籠原でのクリスマスイブコンサートで。衝撃的な出会いだった。 FBにアップしたら、音楽通の方から1番か2番かでどちらが好きかとのコメント合戦。人それぞれでしょうに・・・・。私は全ての曲を聞いたわけではないので…
コメント:0

続きを読むread more

冬至

2021・12・22(水) 今朝もけたたましい目覚まし時計の音に名曲は消された。昨日に引き続き早起きして〜。今日は1週間ぶりの帰京。 昨日は西に向かって、今日は東に向かって歩いた。まだ薄暗く、でもしらじらと明けて行く様子が何とも素敵駅に着く頃真っ赤な太陽が昇った。早朝散歩をして居た頃は良く見られた感動のシーン。 ゴミを捨てに行った…
コメント:0

続きを読むread more

疲れた・・・・

2021・12・21(火)今朝のお目覚めの名曲は聞けなかった。鈴々とけたたましい目覚まし時計の音で目覚めた。5時半だったかな。 今朝は静岡医療センターと沼津市立病院の梯子。自宅を出たのは日の出前。西の空には白くてまん丸のお月様が。 朝起きて窓を開けた時は未だ暗く白い富士山が不気味だった。玄関を出た時には少し明るくなっていて富士山はい…
コメント:0

続きを読むread more

年末の気がしない

2021・12・20(月) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで、シベリウスの“フィンランディア”。私の大好きな讃美歌でもあり第2の故郷ともいえるフィンランドの産んだシベリウス作曲の交響詩。長い間大国スウェーデンとロシアに抑圧されていたフィンランドの独立を促したと言われている名曲。 冒頭の暗いイメージから次第に盛り上がっていく出だ…
コメント:0

続きを読むread more

コールドムーン

2021・12・19(日) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで、パッフェルベルの“カノン”。親しみ深く直ぐに覚えられるメロディで、よく耳にするに旋律。カノン形式と言われる繰り返しのメロディ。 昔、よく出掛けた秋川さんの“聞いてよくわかるクラシック講座”だったかな。このメロディを使って作曲をすると必ずヒットする〜といくつかの流行歌…
コメント:0

続きを読むread more

今年1番の寒さ更新

2021・12・18(土) 今朝のお目覚めの名曲はチェロとピアノで、クライスラーの“ロンディーノ”。素敵な曲でお目覚め朝は、沼津のベッドで。母の顔が先ず寝ぼけ眼に入った。 私の結婚式の時のお召し物で黒枠に入った遺影がいつも私のベッドに寝ている姿を見ている。遅くに恵まれた末の娘だから、必然のように早く別れなければならなかった。甘えん坊…
コメント:0

続きを読むread more

年の瀬・年の市

2021・12・17(金) 今朝のお目覚めの名曲は、チェロとピアノで“ドヴォルザークの“我が母の教え給いし歌”。いつ聴いても素晴らしいと思う優しく、心温まるこの曲。ドヴォルザークの母親に対する優しい思いがいっぱい詰まっているからかな〜。 今朝は沼津で迎えた。私のベッドルームには黒枠の家族の写真が所狭しと並んで居る。両親、義理の両親、…
コメント:0

続きを読むread more