ついに沼津市にも・・・・

2020・4・8(水) 今朝のお目覚めの名曲は、映画”ニュー・シネマ・・パラダイス”からモリコーネの”愛のテーマ”。感動の映画だった。音楽がまたまた素敵でうっとりしてしまう。映画音楽のエンニオ・モリコーネって何と素晴らしい曲をたくさん作ったのだろうか・・・・。 感動的な映画に素敵な曲を作って、映画と共に音楽が私たちの心に深く深く…
コメント:0

続きを読むread more

非常事態宣言・満月の夜

2020・4・7(火) 今朝のお目覚めの名曲は、ヘンデルのオペラ“セルセ“で歌われる”オンブラマイフ“。“ラルゴ”という名前で、多くの人に親しまれている。オペラのアリアをチェロで聴くとまた違った雰囲気で素敵なメロディがやさしく静かに耳に入って来て心が動かされる。 この歌、結婚式の定番でよく教会式結婚式で歌われるそうだけど、未だ私は聞…
コメント:2

続きを読むread more

節句働き

2020・4・6(月) 今朝のお目覚めの名曲は、川畠成道さんのヴァイオリンでフォーレの“夢のあとに”。いつもチェロでこの曲を聴いてなんとも言えない素晴らしさに浸って来たが、ヴァイオリンで聴くのは久しぶりだったけれど、やはりこのメロディにうっとりする。 今朝もゆっくり起きたから、比較的に暖かかった。1枚セーターを抜いても良いかなあ…
コメント:0

続きを読むread more

日曜日だけど〜

2020・4・5(日) 今朝のお目覚めの名曲は、ブルッフの“コル・二ドライ”。初めて生の演奏を聴いた時、チェロって素晴らしいなあと思った曲。イスラエルの音楽なのかな。チェロの難曲の1つらしい。 元はユダヤ教の典礼歌だったと伺った。チェロと管弦楽のために作られた曲でチェリストだったら誰でも弾いてみたいと思う曲だとネットで検索してみ…
コメント:0

続きを読むread more

清明、玄鳥至

2020・4・4(土)今朝のお目覚めの名曲は、辻井さんのピアノでリストの“ハンガリア舞曲”。辻井さんのピアノってとても優しい音色で好き。清水、沼津での生演奏は全く感動的だった。温かいお人柄が音に出るって、本当にその通りで、チェロの演奏もお人柄と音色に感動して来た。 今朝はゆっくり起きたが昨日よりは少しだけ早かったかな。お日様が出て…
コメント:0

続きを読むread more

不安が募る毎日だけど

2020・4・3(金) 今朝のお目覚めの名曲は、メンデルスゾーンの”歌の翼に”。毎日まいにち、素敵な音楽で目覚めることが出来るなんて、こんな幸せはないな。日野原先生が金言集で仰っているお言葉に、健康状態の数値にばかり一喜一憂しないこと、朝目覚めたとき笑顔で目覚められたらその人は健康であるというようなお言葉があった。 正に私に言わ…
コメント:0

続きを読むread more

私は大丈夫、はダメ!

2020・4・2(木) 今朝のお目覚めの名曲は、”アルビノーニのアダージョ“。本当に素晴らしいと思うメロディで、心が落ち着く。私はこの曲やフォーレの“夢のあとに”とか心に深くふかく響くメロディが好き。今日は前の日よりずっと暖かく、起き抜けに上衣なしでも大丈夫だった。 やっと春らしくなったかなあと喜ぶ。アメリカハナミズキの蕾が膨ら…
コメント:0

続きを読むread more

卯月のスタート・エイプリルフール

2020・4・1(水) 今朝のお目覚めの名曲は、新南田ゆりさんの歌うオペラ“魔笛”から“夜の女王のアリア”。最も高い声を必要とされしかも難しいと言われ、世界でもそう何人も歌える人がいないとも聞いた。コロラテューラソプラノで、CD では何人もの歌うのを聴いて来た。 され私の持つCDは特に貴重で、新南田先生がプレゼントして下さったも…
コメント:0

続きを読むread more

アネモネと君子蘭・年度末

2020・3・31(火) 今朝のお目覚めの名曲は、ジョン・ウイリアムスの演奏するギターで、“アルハンブラ宮殿の思い出”。スペインと言ったらこの曲かなあと思う程有名でスペインを訪れる人は殆ど見学する名所。今年になって今の所最後となっている2月1日、ミューザ川崎コンサートに行った。 三島のお姉様を誘って、先生ミューザ最後の演奏の…
コメント:0

続きを読むread more

”誰も出てはならぬ!”

2020・3・30(月) 今朝のお目覚めの名曲は、シューマンの”アダージョとアレグロ”。You Tube で見つけた素晴らしい名曲。毎日のようにTou Tube で聴いていた。最近分かったのだけど、先生のアルバムの”歌の翼に”11番目に入っていた。 毎日聴いている先生のチェロ。でもCDを出して聴くことが少なかったので、PCやウオ…
コメント:0

続きを読むread more

外出自粛中

2020・3・29(日) 今朝のお目覚めの名曲は、中村紘子さんのピアノでベートーベンの“悲愴”。今日は外出自粛中に付き、朝寝坊を決め込む。次なる演奏は”月光“に。 ベートーベン生誕250年に聴くこの2曲はポピュラーでもあり私は大好き。昨夜何回も起きたからか少し眠たい。風が強かったのかしら外に物音がして気になった。 うつらうつら…
コメント:0

続きを読むread more

サクラソウが開いた!外出自粛

2020・3・28(土) 今朝のお目覚めの名曲は、成田為三の”浜辺の歌”。何と素晴らしいメロディ。日本の歌で目覚めた朝は気分爽快。着替えが済むとエアコンもいらない暖かさ。 今、コロナウイルスの驚異的な感染拡大により、今日から東京への不要不急の外出自粛となった。どうしてこんなになってしまったのか、第2次世界大戦以後初めての状況だと…
コメント:0

続きを読むread more

春の雨・歯科診療

2020・3・27(金) 今朝のお目覚めの名曲は、辻井さんのピアノでベートーベンのソナタ“悲愴“。ピアニストは数多いて、誰もが演奏するベートーベン。特に今年は生誕250年に当たる。 クラシック分野では誠に喜ばしき年だと思う。どこのオーケストラもベートーベンのプログラムを準備していたであろうに、残念至極。東響が昨年3月新潟定期演奏…
コメント:0

続きを読むread more

暖かな1日・プレミアムシアター

2020・3・26(木) 今朝のお目覚めの名曲は、本当に久しぶりでイングランド民謡の“グリーンスリーブス”。中学時代から曲は知っていたかな。誰もが知って居るメロディで親しまれて来た。讃美歌としてもよく歌われる。 流れるような優しいメロディで目覚めた朝。例によって朝寝坊の私、誰かがチャイムではなく玄関のドアを叩く音がしたけど、起き…
コメント:0

続きを読むread more

公社理事会

2020・3・25(水) 今朝のお目覚めの名曲は、久々にフォーレの“夢のあとに”。好きなんだなあ。チェロのソロで初めて聴いたのが中原区民ランチコンサートだった。1人で武蔵小杉に行った。今若い人たちに憧れの都市で、ベビーカーの多い街だときいていた。 この日、“湘江の歌“のプログラムに魅せられて出掛けた。でもプログラム変更で演奏されたの…
コメント:0

続きを読むread more

明けない夜はない

2020・3・24(火) 今朝のお目覚めの名曲は、ラフマニノフの“チェロソナタ”。なんとなく元気になる様な、また楽しい〜。でも昨夜からとても寒くなった様な気がする。 あるオペラ歌手でソプラノの方が、FB に投稿して居たが、小学生の男子が“さようなら”を歌って居た。違う学校に行く先生を思って歌ったのだとか。その生徒はとても内気な子…
コメント:0

続きを読むread more

春爛漫の候

2020・3・23(月) 今朝のお目覚めの名曲は、メンデルスゾーンの”春の歌”。メンデルスゾーンって、取り立てて大好き…と言うことはないけれど、子供のころから知っていたのは“結婚行進曲”かなあ。コンサートに行くとよくアンコールで”無言歌”が演奏されるけれど〜。 沼津交響楽団の定期演奏会で”スコットランド”を聴いたことがあるけれど…
コメント:0

続きを読むread more

四旬節主日礼拝・墓参り

2020・3・22(日) 今朝のお目覚めの名曲は、ラフマニノフの“交響曲第2番3楽章”。素敵だなあこの曲。このメロディに癒されてうっとりしてしまうのは私だけでは無いだろう。これ程愛されている曲はないかなと思われる。 オーケストラをバックにチェロが奏でる素敵なメロディで目覚めた今朝、びっくりしたのは煌々と明るいお座敷が暖かい。まあ何と…
コメント:0

続きを読むread more

3連休の中日

2020・3・21(土) 今朝のお目覚めの名曲は、またまた大好きなシューマンの”アダージョとアレグロ”。何とも言えなく好きなんだなあ、このメロディ。歌の翼にのアルバムにやはり有った大好きな名曲で目覚めた今朝は暖かくすっかり春かな。でも未だ春のお洋服にはなれない。寒がり屋の私。 今日の温度は20℃くらいなのかな、でも朝のうちはエア…
コメント:0

続きを読むread more

春分の日・聖書の学びの会

2020・3・20(金) 今朝のお目覚めの名曲は、オケをバックにチェロで壮大な“永遠の神の都”。この曲を初めて聴いた時、なんと厳かで素晴らしいと思ったことか。ピアノ伴奏で聴いた時と、オケで聴いた時とではその感動が違った。 先生のアルバムに同じ曲がダブっているものは殆どないけれど、“鳥の歌”とこの曲かなあ。でも伴奏が違うからダブり…
コメント:0

続きを読むread more

晴れのち曇りの・・・・

2020・3・19(木) 今朝のお目覚めの名曲は、テノールで角田先生の”出船”。私がひょんなことから角田先生と出会って、沼津の千本港口公園に”出船”の歌碑があることをとっさに思いついて、先生に見学にいらっしゃいませんか?と。 第1回のオペラランチコンサートを始めるにつけて、下見にお越し頂いてついでに公園までお連れした。どうして沼…
コメント:0

続きを読むread more

春日遅遅

2020・3・18(水) 今朝のお目覚めの名曲は、最近若者の間で流行っていると言う賛美歌で“Still “静まって知れ”。初めて耳にした時、知らなかったけど凄く良い曲だなあと思った。讃美歌って多くが静かで荘厳で、歌詞が素晴らしい。 今時の若者にはあわないかな。名古屋の教会に行った時、礼拝の中に若者向けのプログラムがあって、中学生…
コメント:0

続きを読むread more

春日遅遅

2020・3・18(水) 今朝のお目覚めの名曲は、最近若者の間で流行っていると言う賛美歌で“Still “静まって知れ”。初めて耳にした時、知らなかったけど凄く良い曲だなあと思った。讃美歌って多くが静かで荘厳で、歌詞が素晴らしい。 今時の若者にはあわないかな。名古屋の教会に行った時、礼拝の中に若者向けのプログラムがあって、中学生…
コメント:0

続きを読むread more

病院デー

2020・3・17(火) 今朝のお目覚めの名曲は、久々のアイルランド民謡”ロンドンデリーの歌”。故郷を思う素晴らしい名曲で、移民たちによって歌う継がれた。アメリカにわたって”ダニーボーイ”。何と素敵なメロディなのだろう。日本の”ふるさと”みたいで郷愁を感じる。 素敵な音楽で早く目覚めてすぐに起き上がった。今日は病院の梯子の日だか…
コメント:0

続きを読むread more

風があって寒い日

2020・3・16(月) 今朝のお目覚めの名曲は、バッハの”G線上のアリア”。ピアノでも演奏されるけれど私は未だ聞いたことがない。ヴァイオリンが一番多く聴いてきたかな。でも黄原先生がチェロで弾いて下さる。”鳥の歌Ⅱ”のアルバムに入っているかな。一昨年、沼津のコンサートで演奏して下さった。 非常にポピュラーで知らない人はいないかな…
コメント:0

続きを読むread more

四旬節第3主日礼拝・世界祈祷日

2020・3・15(日) 今朝のお目覚めの名曲は、大好きな賛美歌メドレーで、”思えば昔イェス君”から、”キリストには変えられません”、”主よ終わりまで”、”思えば昔イエス君”に続く。黄原先生が選曲し、青島広志先生が編曲された代表的な賛美歌。今日は日曜日で、教会に行く朝のお目覚めに素晴らしい賛美歌のメドレー。 今日は早く起きたので…
コメント:0

続きを読むread more

雨の1日。肌寒いかな〜東京は雪

2020・3・14(土) 今朝のお目覚めの名曲は、久々にサンサーンスの”白鳥”。チェロのアルバムで”鳥の歌Ⅱ”から。黄原先生のリリースした8枚のアルバムの中で最も素晴らしいかな、と思うアルバム。先に”鳥の歌”というアルバムをリリースしてあったが一部、歌はいらないのでは・・・・、というご意見が多くあったと聞くが、教会がスポンサーであ…
コメント:0

続きを読むread more

終日在宅

2020・3・13(金) 今朝のお目覚めの名曲は初めて耳にするオーケストラの演奏で、“ラフマニノフのピアノコンチェルト”いつも自然に流れている沢山のアルバムから。私は自分の持っているお気に入りのアルバムだけで良いのに、娘に入れてもらったら知らないアルバムもいくつか入って居て、また最近では聴きたくない人のアルバムもある。 消しても…
コメント:0

続きを読むread more

映画鑑賞

2020・3・12(木) 今朝のお目覚めの名曲は、石川啄木の詩で大好きな“初恋”。啄木が大好きで詩集を買って読んでいた詩を歌で聞いて更に好きになった。角田先生のCDしか持って居ないけれど、you tube で聞くと森麻季さんとかずいぶんたくさんの歌手によって歌われて居てどなたの歌も素晴らしいけれど、今朝は角田先生の“初恋”だった。…
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災から9年・トレッドミル・5月の陽気

2020・3・11(水) 今朝のお目覚めの名曲は、シューマンの”アダージョとアレグロ”。YOU TUBE で初めて先生の演奏を聴いて凄ーいと思った。毎日聴いていたけどまだ生で聴いたことがない。早く聞いてみたいな。リクエストしよう! 名曲で目覚めた素敵な朝だけど、今日は忘れてはいけない東日本大震災から9年目の3・11。9年前、私は…
コメント:0

続きを読むread more

雨の一日

2020・3・10(火) 今朝のお目覚めの名曲は、辻井さんのピアノでリストの”愛の夢”。この曲はいろいろな楽器でたくさん聞いてきた。リストだからやはりピアノかなあ。チェロも素敵。愛のいっぱい詰まった名曲。 昨夜、夜中にイタリアのシルヴィアからのメールですっかり目が覚めてしまい今朝はいつも遅いのに更に遅いお目覚め。イタリアもコロナ…
コメント:0

続きを読むread more

今日もキャンセルの電話・ホームコンサート

2020・3・9(月) 今朝のお目覚めの名曲は、辻井さんのピアノでショパンの”別れの曲”。しっとりとして素敵。今日は良く晴れた春の陽気。富士山が頗る綺麗。朝の水やりも寒さを感じない。昨日雨が降っていたから軒下の鉢物だけ。 今朝、見知らぬ番号の電話に出たら、裾野文化センターからだった。気になっていた14日のコンサートの件。やはり1…
コメント:0

続きを読むread more

ミモザの日・木の芽起こしの雨・今日もキャンセルの連絡

2020・3・8(日) 今朝のお目覚めの名曲は、チェロで”アルビノーニのアダージョ”。もう少し若い頃、中学時代からの友人達とコーラスをやっていたころに頂いたCDで、この曲を聴いてね・・・・と勧められた。その時以来大好きになってほとんど毎日聴いていたかな。凝り性な私ですっかりお気に入りの曲になった。 そして黄原先生のチェロに出会っ…
コメント:0

続きを読むread more

予定がキャンセルで・・・・。

2020・3・7(土) 今朝のお目覚めの名曲は、中村紘子さんのピアノでベートーベンのソナタ”悲愴”。このところピアノ演奏を聴くことが多い。やはりピアノは音楽の基本かな・・・・・いつ誰の演奏を聴いても素晴らしい。私達素人には曲目の良さしかわからない。どなたが演奏しているのかな?ほとんどわからない。でも、中村さん辻井さんの違いが少しわ…
コメント:0

続きを読むread more

聖書に聴き祈る会・ホームコンサート

2020・3・6(金) 今朝のお目覚めの名曲は、ラヴェルの”亡き王女のためのパヴァーヌ”。辻井さんのピアノで。大好きな曲で嬉しかった。この曲をチェロで演奏していただいたら・・・・との期待感が膨らんで早速先生にお願いしたが、あまりにもたくさんの曲目を書いたので、沢山の曲を有難うございます・・・・なんて。ゆっくり考えますと言うことだっ…
コメント:0

続きを読むread more

啓蟄・女子の交わり

2020・3・5(木) 今朝のお目覚めの名曲は、カウフマンの歌うオペラ、トスカから”星はひかりぬ”。素敵だなあ・・・・。お目覚めにオペラのアリアは重い。でも素敵な歌手の歌声は聴きごたえがある。オペラのアリア集かな、パヴァロッティから角田先生になって。お一人お一人の声の質が違ってとても楽しいひと時。 ソプラノも、名前がわからない歌…
コメント:0

続きを読むread more

春を迎える

2020・3・4(水) 今朝のお目覚めの名曲は、フォーレの“夢のあとに”。なんとも幸せな気分。こんなに素敵なメロディが有るだろうか〜。私がこの曲と初めて出会ったのは中原区民センターだったかしら、区役所主催のランチタイムコンサートの時。 ランチタイムコンサートでわずか40分ぐらいの短いコンサートで、でも時間を感じさせない夢のようなひと…
コメント:0

続きを読むread more

ひな祭り・循環器科検診

2020・3・3(火) 今朝のお目覚めの名曲は、岡野貞一の”ふるさと”。幼い時から歌ってきた日本の第2の国歌ともいわれる”ふるさと”。コンサートのフィナーレでよく全員合唱される。 東京で初めて黄原先生のソロで”湘江の歌”に感動した翌年同じ会場でこの”ふるさと”に涙が出るほど感動した。3・11のチャリティコンサートでふるさとを失っ…
コメント:0

続きを読むread more

娘の時差出勤・雨模様

2020・3・2(月) 今朝のお目覚めの名曲は、オペラ”リナルド”からヘンデルの”私を泣かせてください”。有名なソプラノのアリアで、時々出だしの部分を口ずさむことがある。お仲間でご高齢のお友達が毎年オペラのアリアを歌われて尊敬しているのだが、長い間にはほぼ有名なアリアを歌われてこられた。 勿論この名曲も。いつも先輩に今年は何を歌…
コメント:0

続きを読むread more

今日から弥生・公民館清掃・レント

2020・3・1(日) 今朝のお目覚めの名曲は、モーツアルトの”レクイム“。曲はとても好きだけど、お目覚めにレクイエムはどうかな〜。でも荘厳で清らかな気持ちになる。 良く有名なオペラ歌手さんが、失恋したとき何回もモツレクを聞いて居ましたと言われたが、そんなものかなあと思うけど。 最近私はフォーレのレクイエムを聞いて素敵だなあ、こ…
コメント:0

続きを読むread more

映画観賞

2020・2・29(土) 今朝のお目覚めの名曲は、パガニーニの“モーゼ幻想曲”。ロッシーニのオペラ“エジプトのモーゼ”は見たことがないけれど、この名曲はヴァイオリンやチェロとピアノでよく演奏される。G線1本で演奏されるという非常に難しい曲だと聞いている。 素敵な曲で目覚めた朝、コーヒーの良い香りに誘われて。すでに雨戸も開けられ、お洗…
コメント:0

続きを読むread more

キャンセルできた!!

2020・2・28(金) 今朝のお目覚めの名曲は、ポッパーの”タランテラ”。お目覚めから素晴らしい曲で、元気が出る。昨日、病院で言われた28日から3日迄の間・・・・の不安はどこかへ飛んで行ってしまったかな。 いつもの様にゆっくり起きて、今日がお誕生日の先生におめでとうメールを。そして遅い朝食のお支度を始めようとしたら、友人から電…
コメント:0

続きを読むread more

パンデミック・腎臓内科診察日

2020・2・27(木) 今朝のお目覚めの名曲は、チェロで”タイスの瞑想曲”。ヴァイオリンでも良く聴く名曲だけど、私にはやはりチェロの音色が好き。ホールで聴くにはヴァイオリンが素敵だけど、ベッドで聴くにはチェロが素敵。 昨日から新型コロナウイルスで一喜一憂していたけれど、今朝から若い方の感染のニュースや、陽性だった方が陰性になっ…
コメント:2

続きを読むread more

自宅待機

2020・2・26(水) 今朝のお目覚めの名曲は、川畠成道さんのヴァイオリンでフォーレの“夢のあとに”。昨夜同じ曲をチェロで聴いて眠りに就いたけれど、今朝のお目覚めに今度はヴァイオリンで。同じ曲なので大好きなメロディだから感動するけど、私にはやはりチェロの響きが胸に染みる。 人間の声に一番近い音色なので落ち着くというか心の琴線に…
コメント:0

続きを読むread more

動脈検査

2020・2・25(火) 今朝のお目覚めの名曲は、戸部豊さんのトランペットで“アメイジング・グレイス“。トランペットで演奏される賛美歌は大好き。だけどこの曲はやはりチェロで聴きたいかな。アレンジが違うからかな。 今朝はゆったりと過ごした。今日の午後、静岡医療センター冠動脈を調べるCTスキャン。造影剤を使う非常にリスクを伴う検査な…
コメント:0

続きを読むread more

終日在宅日

2020・2・24(月) 今朝のお目覚めの名曲は、ポッパーの”ハンガリアラプソディ”。ポッパーの曲って難しそうだけどとても素晴らしい。先生と出会うまでついぞ知らない作曲家であり音楽であった。”タランテラ”に出会って凄いなあいい曲だなあと思った。ただし演奏するのはかなり難しいらしい。 そして先生のアルバムにはこの”ハンガリアラプソ…
コメント:0

続きを読むread more

主の変容主日礼拝・富士山の日

2020・2・23(日) 今朝のお目覚めの名曲は、シューベルトの即興曲作品90の3番。何故か小学生の頃大好きだったシューベルトの曲で目覚めた。あの頃歌曲集がとても好きで、”ます”とか大好きでよく歌っていたなあ。 今日は日曜礼拝に行く。昨日、教友から沼津駅で待っていますとメールが来たので、少し早い時間だけど間に合うようにと思って早…
コメント:0

続きを読むread more

日本語教室ミングリングパーティー

2020・2・22(土) 今朝のお目覚めの名曲は、ブラームスのチェロソナタ2番第4楽章。昨日の第2楽章より好きかなあ・・・・。素敵なメロディだ。チェロソナタだからチェロの魅力いっぱい。今日のお出かけは昼前なので少しゆっくりベッドの中でチェロを楽しんだ。 私の愛唱歌”フィンランディア”と”輝く日を仰ぐ時”に続き、思い出の曲”鴻雁”…
コメント:0

続きを読むread more

聖書研究会・歯科定期検診

2020・2・21(金) 今朝のお目覚めの名曲は、ブラームスの”チェロソナタ2番第1楽章”。ブラームスって何となく難しいっていうイメージなのかなあ。昨年の夏、熊本マリさんのピアノコンサートに行ったとき、聴衆にブラームスを知っている人?だったかなあ聞かれて手を挙げた人が本当に少なかった。 ブラームスの子守歌ならみんな知っているだろ…
コメント:0

続きを読むread more

写真展・お花屋さんへ

2020・2・20(木) 今朝のお目覚めの名曲は、”アメイジング・グレイス”。その昔、黒人霊歌と間違った名曲である。ご子息の結婚式で、父上は二人の大好きな曲を弾きます・・・・とこの曲を演奏された。 ただでさえぐっとくるこの曲に先生の気持ちが重なって其れはもう何とも言えない感動だった。グレブ・ニキティンさんの”愛のあいさつ”はまた…
コメント:0

続きを読むread more