聖日

2019・8・18(日) 今朝のお目覚めの名曲は、ポッパーの”タランテラ”。 体が自然にスイングするように楽しい曲。緩急があって素晴らしい曲。 演奏は難しいのだろう。ピアノもチェロも早いので・・・・・。 昨日は作曲家の先生との交流だったので、お話にまた違った感動があったが、我が家にいらっしゃるときはずっとチェロのCD…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際交流って楽しい!

2019・8・17(土) 今朝のお目覚めの名曲は、久々にシューマンの”トロイメライ”。 夢見心地・・・・うっとりするような素晴らしい名曲。シューマンに恋する女性が多いと聞くが・・・・。 私はクララが羨ましいな・・・・と思うけれど、彼女は苦労をしたようだ。病気がちだった彼を助けて。 でもシューマンの死後彼の作曲した曲を整理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風は?盂蘭盆会・地の塩

2019・8・16(金) 今朝のお目覚めの名曲は、サラ・ブライトマンが歌うヘンデルの”私を泣かせてください”。 お目覚めにオペラのアリアはちょっと重いかな~と思っていたけれど、少しも違和感なく聴くことができた。 彼女の澄んだ美しい声には魅了される。 昨日西日本を中心に台風10号の影響が凄かったと聞く。幸いこの地域は暫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終戦記念日

2019・8・15(木) 今朝のお目覚めの名曲は、ドヴォルザークの”我が母の教え給いし歌”。ドヴォルザークが自分の母親を思い50数年間の母との思い出を曲にしたと聞く。ここにまた音楽の素晴らしさが・・・・。時空を超える~とよく言われるが、1曲の中に50年もの長い歴史や思い出を綴ることができる。 ”鴻雁”が9分で5000キロのモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏休みが終わる

2019・8・14(水) 今朝のお目覚めの名曲は、今、最もはまっている曲で、“鴻雁”。 良い気持ちで、昨年の夏、上海・杭州で身の慄える思いで聴いた事を思い出していた。 最近ウオークマンがランダムで流れるので、次はキリテ・カナワのオペラ、トスカから“歌に生き恋に生き”。 もう目覚めているのでソプラノも良いかな、と。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忙中閑

2019・8・13(火) 今朝のお目覚めの名曲は、中国の曲で”江南漁歌”。 ”湘江の歌”で私の人生観が変わったと言うと大げさになるけれど、中国への何とも言えない親近感が芽生えた。 追い打ちをかけるように、次に出会った”江南漁歌”そして今は”鴻雁”と雄大な大陸の風や香りを感じる名曲に次々と心を奪われていく自分。 今朝は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆったりと。 午後、私は銀座へ

2019・8・12(月) 今朝のお目覚めの名曲は、戸部豊さんの素晴らしいトランペットで、賛美歌4曲メドレー。 彼のトランペットは素晴らしく、黄原先生がすべてプロデュースした傑作選で、先生お気に入りのCD。 芸大の後輩のピアノは黒川先生を上海にお連れして、上海交響楽団メンバーや、上海オペラ合唱団のハミング、先生のチェロで、録…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狭いながらも楽しい我が家

2019・8・11(土) 今朝のお目覚めの名曲は、ドヴォルザークの”ユーモレスク“。 学生の頃からよく知っていた楽しい名曲。 沼津で目覚めた朝は、矢張り狭いながらも楽しい我が家、古くて汚いオンボロ家でも落ち着くもので。 目をつぶっていても何処に何があるかわかる。 でも洋服やバッグなど何処にあるか分からないでよく探す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々の蒲田

2019・8・10(土) 今朝のお目覚めの名曲は、カヴァレリアルスティカーナのアヴェ・マリア。オペラの間奏曲出てこの間奏曲だけが有名なのかな。 よくコンサートでアンコールに演奏されているようなきがする。 作曲はマスカーニで”アネモネ“として知られている。 沢山ある“アヴェ・マリア”の中で3大アヴェ・マリアに次ぐ素敵な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

王子へ、金亀子国際コンクール

2019.8.9(金) 今朝のお目覚めの名曲は、岡野貞一の“ふるさと”。心揺さぶられる名曲で、第2の国家とも言われる。 誰にでもある故郷、幼き日の思い出の山や川。思えばいつも遠い日の思い出がいっぱい。家族、友がき〜。 私は沼津で生まれ育って現在まで。田舎に帰る人が羨ましかった。 ふるさとは遠きにありて思うもの、思い出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立秋・MRI

2019・8・8(木) 今朝のお目覚めの名曲は、サンサーンスの”白鳥”。 ポピュラーな名曲で、チェロと言ったらこの曲かな。静かで湖面に真っ白な白鳥は見事な絵になる。 動物の謝肉祭の中の一曲で最も有名な曲で他の曲はほとんど知らない。 3~4年前、我が家の前の川に真っ白な白鳥が群れを離れて舞い降りて、北国に向かって飛び立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住民検診

2019・8・7(水) 今朝のお目覚めの名曲は、フォーレの”夢のあとに”。 これほどいいなあ、と思った曲はないかな。初めて聴いたのが武蔵小杉の区民ランチコンサート。 それ以来夢中になってyou tube で聴いていたが、どうしてもCDが欲しくなってCD作成依頼を先生にした。 そしたら初めの頃のCDに入っているけれどもうな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病院の梯子。原爆記念日

2019・8・6(火) 今朝のお目覚めの名曲は、久々に角田先生の”出船”。 何かとても懐かしかった。朝お目覚めにオペラのアリアは重たいかなあとチェロに絞っていたけれどこのところ様々な名曲が流れている。 角田先生のテノールで日本の名曲が4曲。そのうちの”出船”は沼津にゆかりがあるので、特に胸が高鳴る。 先生の歌う日本の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眼科検診・前夜式(お通夜)

2019・8・5(月) 夜は比較的に涼しいのでエアコンはつけないが、朝も蝉しぐれとともに暑くなってきてベッドを離れたくなる。 すぐにエアコンをつけて、今日は9時35分に家を出ればバスで沼津に行けると余裕のある朝のひと時を嬉しく思いPCに向き合う。 ブログを書き始めたら長くなって・・・・時計を見たらなんと既に9時15分。慌て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘイトクライム・地震

2019・8・5(月) 今朝のお目覚めの名曲は、ベートーベンのソナタ”悲愴”。中村紘子さんのピアノ独奏で。 ウオークマンが変わって今まで録音された様々な演奏がランダムに流れている。でも中村紘子さんのピアノで特に”悲愴”は素晴らしかった。 昨日早朝、ベッドの中で知ったアメリカはテキサスのエルパソで起こった銃乱射事件で約40名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終日休養日

2019・8・4(日) 今朝のお目覚めの名曲は、シューベルトの即興曲作品90の3番。 とても優しくきれいでテンポもゆっくりな曲で、お目覚めには素敵な曲。 今朝も早く目覚めたけれど、ベッドを離れなかった。 7月後半はカラマズー市民訪問団のホストを引き受けたので楽しかったけれど忙しかった。 でも我が家にステイしたご夫妻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語教室

2019・8・3(土) 今朝のお目覚めの名曲は、ポッパーの”タランテラ”。朝からとても元気の良い曲で目覚めた。そして”アメイジンググレイス”に。 ゲストさんたちが在宅の間、毎日チェロ、ピアノ、室内楽、オーケストラ、トランペット・・・・・と聞いてこられて、涙が出ると言われたのがこの”アメイジンググレイス”。 チェロやトラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市立病院へ・聖書研究会

2019・8・2(金) 今朝のお目覚めの名曲は、ジョン・ウイリアムスの”シンドラーのリスト”。 ヴァイオリンンで演奏されるけれど、私はチェロの音が好き。チェロの方がヴァイオリンよりさらに音域が広いのでどんな曲も素晴らしくなると思うけれど、この曲の持つユダヤ人の苦しみや悲しみの表現が低音部で良く表されているので、低音楽器チェロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日から葉月

2019・8・1(木) 今朝のお目覚めの名曲は、珍しく川畠成道さんのヴァイオリンで”夏の名残のバラ(庭の千草)” ウオークマンを変えたら、アーティストも曲目もランダムで。 毎日チェロで眠りチェロで目覚めていたのに・・・・・。 娘がウオークマンを新旧で使い分けた方が良いというので、ベッドサイドには旧いのを配置して、バッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お別れは悲しい・・・

2019・7・31(水) 今朝の名曲は、岡野貞一作曲の日本の名曲”ふるさと”。 黄原先生の演奏する”ふるさと”は涙が出る。3・11でふるさとを失った方々のためにすぐに行って。チャリティコンサートで演奏し、ご自分も思い出を残してきた故郷を思って・・・・・。誰にもふるさとがあります・・・・・とおっしゃる先生の目にも涙が走るようで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Last Supper

2019・7・30(火) 今朝のお目覚めの名曲は、シューベルトのアヴェ・マリア。 アヴェ・マリアは何時聴いても心が安らぎ穏やかな気分になる。 ゲストさんたちがお見えになってからは、毎朝5時に起きてまず洗濯物を干す。 一人でいればそれほど多くないから、毎日のお洗濯はないけれど、朝食のお支度も性格的に手を抜けないので早起…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山、三島スカイウオークへ、初めてのサウナ

2019・7・29(月) 今朝のお目覚めの名曲は、中国の曲で”江南漁歌”。 実に郷愁を感じる名曲で、”湘江の歌”で感動し黄原先生の音楽に出会った私。それから4年~。 全ての演奏曲目が私にとって最高に素晴らしいもので今や私の宝であり私の魂に生きる喜びを与えてくれている。 ”湘江の歌”に次ぐ感動の名曲が”江南漁歌”。西洋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沼津夏祭り花火大会

2019・7・28(日) 今朝のお目覚めの名曲は、マスネーのー”タイスの瞑想曲”。 オペラ、タイスの中で演奏される誰にでも好まれる名曲。朝お目覚めに聴くにはとても素敵な曲だと思う。 今朝は訪問団としてのスケジュールはなく昨日と今日の2日間はホストファミリーデー。 近隣の町へいつもお連れしているが、昨日は東京見物でお疲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京見物

2019・7・27(土) 今朝のお目覚めの名曲は、ラフマニノフのヴォカリーズ。 ラフマニノフの交響曲第2番3楽章は誰しもが好む名曲。でもこのヴォカリーズも私は大好き。 素敵なお目覚めだった。 今日は5時台には起きて、朝食のお支度。今朝はポークソテーがメイン。 あまり主食を召しあがらないゲストさんたちだけど、今日は初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Good luck!! Beautiful Rainbows

2019・7・26(金) 今朝のお目覚めの名曲は、フォーレの”夢のあとに”。 何といってもこの曲が大好きになって一生懸命にCDを探したほど。手に入ったときは嬉しかった。 生の演奏を聴いた時、どうしてこんなに素晴らしいんだろうか…と思った。今朝は久々に聴いて幸せだった。 昨晩ライナーさんご夫妻とよくお話しできたので、も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲストさんは戸田へ。

2019・7・25(木) 今朝のお目覚めの名曲は、エンニオ・モリコーネの”ガブリエルのオーボエ”。 映画”ミッション”のテーマ。いつだったか音楽の交差点で世界的なオーボエ奏者によるオーボエの演奏でこの曲を聴いたがやはりオーボエって素晴らしい。 オーケストラのチューニングをするのはオーボエ。非常に重要な楽器。 ドヴォル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五大湖のミシガンから

2019・7・24(水) 今朝のお目覚めの名曲は、メンデルスゾーンの”歌の翼に”。 メンデルスゾーンって明るくて軽やかな感じの曲が多いような気がする。 昨夜9時過ぎ、友人に拾ってもらって金岡地区センターへゲストのお迎えに行った。 どんな方かな?興味津々。 写真で見た感じとは違って、御主人は大きな方で、夫人は意外と小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眼科へ・ゲストを待つ

2019・7・23(火) 今朝のお目覚めの名曲は、ラフマニノフ交響曲第2番3楽章。誰もがお気に入りの1曲かな。 まずこの曲からラフマニノフが好きになった。とても良い気分で目覚めたが、今晩からアメリカのゲストさんたちがお見えになるのでしばらくは朝寝坊ができないだろうから、とお布団の中でごろごろしていた。 一昨日から昨日に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友人の誕生日会・法話の会

2019・7・22(月) 今朝のお目覚めの名曲は、バッハの”主よ人の望みの喜びよ”。 この曲程ポピュラーなバッハはないかなと思う。 教会ではよく前奏、後奏に演奏されることが多い教会カンタータ。今日の1日の始まりに相応しい曲かな。 お目覚めの後は、リビングでり朝食を頂きながら、久々にCDで戸部豊さんのトランペットとベー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主日礼拝・トークショー‣さわやか

2019・7・21(日) 今朝のお目覚めの名曲は、ブラームスの”チェロソナタ”。 新しいCD"愛の夢”に入っているので令和になって初めて聴いたかな、素晴らしいと思って時々一曲リピートで聴くことがある。 チェロソナタって知らない作曲家も含めてたくさんの作曲家が作った曲があるようでびっくりした。 でもこのブラームスのチェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホストファミリー準備・日本語教室

2019・7・20(土) 今朝のお目覚めの名曲はモンティのチャルダッシュ。 非常にポピュラーで多くの人に愛されている名曲で演奏はかなり難しいと聞く。 ヴァイオリンでは沢山の人の演奏を聴いてきたけれど、チェロではほとんど聞いたことがなく、おそらく先生お一人かなあ。 今朝は私より娘の方が早く起きて私が起きたときには既にた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖書研究会・歯科定期検診・友人と・・・

2019・7・19(金) 今朝のお目覚めの名曲は、エンニオ・モリコーネのニュー・シネマ・パラダイス。 スクリーンミュージックだけど、何とも言えない素敵な曲で、チェロで聴くとそれはそれは素晴らしい。 映画も素晴らしかったけれど、この曲の素晴らしさは映画を盛り上げているかな。 今朝は夜中に取り換えたテーブルクロスを洗濯を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定例会

2019・7・18(木) 今朝のお目覚めの名曲は、ベートーベンのソナタ”悲愴”。 何と素敵なメロディだろうか・・・・。ラフマニノフも好きだけどやはり日本人が一番好きなベートーベンの一曲。 とても素敵な気分で目覚めた朝。 朝のうちは涼しいかな・・・・でも多分昼間は高温多湿で過ごしにくいかもしれない。 昨日お日様が出て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘアサロンへ

2019・7・17(火) 今朝のお目覚めの名曲は、シューマンの”アダージョとアレグロ”。 久々に聴く名曲。8分超で比較的に長く、聴きごたえがあって素晴らしい。 一時お気に入りで毎日リピートで聴いていた。 今日は梅雨なのに良く晴れて湿度は高そうだけど昨日までとは違って夏のよう。 昨日ゆうパックが今朝届くという連絡があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏風邪は治ったかな?

2019・7・16(火) 今朝のお目覚めの名曲は、ヘンデルの”オンブラマイフ”。 歌曲としてもピアノ曲としてもとても好きな曲で、私には思い出深い曲。チェロで聴くとなおさらに素敵に聞こえる。 オペラ”セルセ”で歌われるアリアと言うが、オペラは観ていない。 ピアノ曲としては”ラルゴ”というタイトルで良く演奏される。 夫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新聞記者

2019・7・15(月) 今朝のお目覚めの名曲は、タイスの瞑想曲。 マスネーのオペラタイスの間奏曲。どなたにもよく知られ、大好きと言われるポピュラーな名曲。 オペラは未だ観たことがないけれど〜。 今日は川崎でお目当ての映画を観に行く。 “新聞記者”車で行って午後は何処へ行こうかなんて考えて居たけど、何とすでに午前中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖日礼拝・上京

2019・7・14(日) 今朝のお目覚めの名曲は、シューベルトの即興曲。 お目覚めに聴くにはとても静かで素敵な曲。久々のシューベルト。 今朝方眠りに就いたけれど今朝は6時半ごろには目覚めた。 7時過ぎウイチャットで先生からのメール。 昨日コンサートが終了し、疲れが出たけれど楽な気分になれたとか。 今日は上海に行き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オペラシティ

2019・7・13(土) 今朝のお目覚めの名曲は、シューベルトの”アヴェ・マリア”。 幼い時から良く聴いてきた曲。シューベルトがとても好きだったし、”アヴェ・マリア”と言えばシューベルト、バッハ・グノーと思って親しんできた。でもそれからカッチーニの”アヴェ・マリア”を聴いてこれは更に好きになった。 そしてこの3曲をアヴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も涼しいというより寒い!!

2019・7・12(金) 今朝のお目覚めの名曲は、エルガーの愛の名曲”愛のあいさつ”。 何といっても愛を語る最高傑作かなあ・・いろいろな困難を乗り越えて結ばれたエルガーが夫人に送った愛の名曲だもの。 何回かこの曲を聴く機会はあった。テレビでも、コンサートホールでもヴァイオリンと言えばこの名曲。 このヴァイオリンの名曲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうしてこんなに涼しいの?

2019・7・11(木) 今朝のお目覚めの名曲は、ファリャの”火祭りの踊り”。バレー”恋は魔術師”の中の有名な曲だとか。 ファリャは民族音楽で知られるスペインの作曲家だとTVで学んだが、この”火祭りの踊り”は、チェロのアルバムに入っていて何回も聞いたし、狭山のコンサートでは生で聴くことができた。 バレー音楽だけに明るく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体調もだいぶ良くなって

2019・7・10(水) 今朝のお目覚めの名曲は、チェロで”誰も寝てはならぬ”。 オペラ、トゥーランドットで有名なアリアであり、オリンピックでさらに有名になって知らない人はいないと思われる名曲。 オペラはハイライトで観たけれど、あの感激は昨年夏、中国に行ったときこの目で見た”時を知らせる大きな太鼓”。 西安にあった梵鐘と…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

消化器内科定期検診

2019・7・9(火) 今朝のお目覚めの名曲は、フォーレのエレジー。悲しくなってしまうほど美しい。 フォーレだけに・・・・・。 悲歌、哀歌と言われる如く悲しみの曲であるけれど、このエレジーを聴くと心が洗われるようだ。 オーケストラでカザルスが初演で弾いたと言われるが、今朝この曲が流れているとき偶然FBで見つけたカザル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のんびり

2019・7・8(月) 今朝のお目覚めの名曲は、マロットの””主の祈り”。 凄く素敵な曲で、チャペルコンサートだったらまずこの曲でスタートしたいと思う曲。 先生は”愛のあいさつ”であいさつ代わりに…と言うことがあったが、私は祈りに始まって祈りに終わりたい、という気持ちがあった。 昨年12月に初めてお願いして沼津でコン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公園清掃奉仕・涼しい!!・七夕

2019・7・7(日) 今朝のお目覚めの名曲は、ショパンの“ノクターン”。 “戦場のピアニスト”でシュピルマンの演奏が何とも言えなく涙をそそった。殺されるかという恐怖の中で、ドイツ兵の前でこの曲を弾いて彼は命を救われた。音楽の力であり、人の心を動かす音楽の素晴らしさをこれほど感じたことはないか・・・・・。 あの感動の映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休養日

2019・7・6(土) 今朝のお目覚めの名曲は、”鴻雁”。 忘れもしない昨年8月、暑い夏の日だった。私が初めて中国へ行った。 昨年の4月29日、私のお誕生日を黄原先生と私の友人が東京でお祝いして下さった。 先生はオペラシティで本番の日であるにも拘わらず、お心だけでとご遠慮申し上げたのに、コンサートは年に何回もあるけれど、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の晴れ間、聖書研究会

2019・7・5(金) 今朝のお目覚めの名曲は、スティーブン・アダムスの”永遠の神の都”。 エルサレムの事かな。実に壮大な楽曲である。 生で聴いたのは昨年、パルテノン多摩だった。山本千晶さんのソプラノ、水野先生のピアノ、黄原先生のチェロですっかりその素晴らしさに魅せられた。 先生のCDには殆どだぶりがないのだが、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凄い雨・・・・・

2019・7・4(木) 今朝のお目覚めの名曲は、なんとサンサーンスの白鳥。 チェロと言ったらこの曲…ともいうべきチェロの名曲で目覚めた。 梅雨時だから仕方がないけれど、外は凄い雨。 天気予報を観ると,何と連日雨マーク。 昨日急に思いついて蒲田に泊って、今日は一人で上野へクリムトを観に行くつもりだった。 昨日は、コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Mizutani & Tairiku & Tokyo Sympfony Orchestra in Yokohama…

2019・7・3(水) 今朝のお目覚めの名曲は、シューマンの”トロイメライ”。 何とも表題通りみゅめを観ているような素晴らしいメロディ。この曲を聴くといつも思い出すのがピアニスト仲道郁代さんの言葉。」 ホロヴィッツを聴きに行ったとき、最初のド・ファの2音で涙が出てくる、という言葉。 何回聴いただろうか・・・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沼津へ

2019・7・1(月) 今日のお目覚めの名曲は、パガニーニの”モーゼ幻想曲”。 オペラ"エジプトのモーゼ”のテーマ。まだ見ぬオペラ。でもこの曲だけはCDで良く聴く。 何回聴いても素晴らしい曲目で、演奏なさっている先生には良くソロで聴きたいとお願いしている。 パガニーニの曲であるだけに伴奏者が気になるのかな・・・・・でもシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

治るはずの風邪がまだ・・・・・

2019・7・1(月) 今朝のお目覚めの名曲は、クライスラーのロンディーノ。 クライスラーと言えば有名なヴァイオリニストで作曲家。ヴァイオリンの名曲が多いのは当然のことで。 昨日、久喜教会でコンサート終了後の交わりの時、黄原先生がチェロで高温を弾くとき、の演奏の仕方についてお話して下さったが、先生はこうやって人にできないよ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more