yasukoのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 大震災から4か月

<<   作成日時 : 2011/07/11 17:21   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

3・11の大震災から今日でちょうど4か月となった。あの時、雪で寒い中を棲む家もなく震えていた被災者。
いまは灼熱の太陽の下、避難所には扇風機も数少なく、熱中症で倒れる人もいる。

被災地の復興は未だ進展がなく、見通しすらついていない。国内はもとより、海外からも未曾有の義援金が寄せられていると言うが、扇風機一つ買うこともできないのだろうか、と思う。

神戸の時との違いは、津波・原発であろう。それにしても遅々として進まぬ復興に苛立たしさを覚える。お金が一番必要とされるだろうと、即座に送ったにも関わらず、被災者に渡っているのだろうか。

沼津で秋川さんのチャリティコンサートをやった。6月4日と計画して、早くにチケットが発売され、2月には被災地の方からも注文を受けていた。会長はその後お電話してお見舞いをすると、少し被害はありましたが、行かれます、と言うお返事を戴き、感激して、上等なお茶を送られたとか。

当初、計画停電も実施されていた。もし当日計画停電になったらどうしようかと会長としてものすごい心労だったという。しかし、6月4日は計画停電もなく、好天気に恵まれ、満席で大成功を収めた。
一つのことを成し遂げるには、責任者はどれほどの思いをされるものかと、後日談として伺い、大変なものであることを知った。

会長としては、このチャリティコンサート一つの責任だけではなく、たくさんのことを同時にすべて責任を負っていらっしゃるわけで、その重責を担っていらっしゃる精神的、肉体的なご苦労は私などには図り知れないものがある。

既に多額の義援金を日赤を通して送ってあるが、またこのコンサートの収益金を送るにあたって、今送り先を検討している。

海外クラブに支援を訴えたら、大量の義援金が送られてきた。これらも、全国里親連絡会、被災地の里子支援に直接会長と会計と委員長の私の3人で、8月にはお届けに上がることになっている。

7月30日からの、沼津夏祭りに、沼津市は大船渡の小学生200人を招待している。私達は、直接被災者に支援をすることが、必要になってきている。

既に災害から4か月がたってしまい、真冬から、真夏を迎えてしまっても、一向に復興のめどが立たない現状を打開するには、どうしたらよいのであろうか。

強く、強く政府にしっかりしてください、とお願いしたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大震災から4か月 yasukoのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる