yasukoのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋川雅史さんの魅力

<<   作成日時 : 2010/07/24 11:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010・7・24
金曜バラエティで見た秋川さんはまさにテノール界の貴公子という表現がぴったりだった。
前日の浦和コンサートとはまた一味違って見えた。
昨日とはまず衣装が違って、ヘアースタイルも少し違ったかな?と思われた。グラビア写真集から抜け出してきた王子様のように見えた。

初めて聞いた「マンマ」は素晴らしかった。子供の頃彼のお父様が家の近くまで来ると自分の帰宅を家族に告げるかのようにこの歌を歌っていたとか、銭湯で自分たちが出るとこの歌を歌って家族に知らせたとか、以前に聞いたことがある。今までたくさんの歌手が歌いついで来たこの名曲、秋川さんの流暢なイタリア語での熱唱を聴いて、思わず涙が出るほどの感動だった。

公開放送が終った後、そのままの舞台で2曲歌ってくださった。これがまた素晴らしい。TVで放映されないのがもったいないと思ったが、私達には幸せなひと時であった。ブラボー!!

日本の名曲を掘り起こしアレンジして歌い継ぐことはこれまた素晴らしいと思うが、なんとなく秋川さんにはイタリア語で歌う名曲、スペイン語で歌う名曲いわゆるラテン系の発音に私はすごい魅力を感じる。
また日本の名曲も昔からの歌曲、文部省唱歌といわれた名曲を聴くと思わず涙を誘う。

浦和のコンサートで、サラリと英語でせりふを言う場面があったが、彼の英語の変化を感じ取った。見事だった。
彼のニューアルバム作成に伴い、英語の発音にネイティブのレッスンを受けたということが書かれていたのを思い出して、やはり違うなと確信した次第である。
日本人の発音にないR・L・F・V・thなど、これに少し気をつけると随分変わってくると思うが、彼の素晴らしさはラテン系の要するに巻き舌が完璧であることがイタリア留学経験で得た宝ものであると思う。
こんなことを言うと大変僭越であると思う。私はただの専業主婦、語学を勉強したこともなく、ただ趣味で英語のレッスンに最近行くようになったばかりの素人なのだから。結局留学した経験を持つ人に対する羨望である。
しかし彼の真摯に学び、アスリートのように体を鍛える姿を見たり聴いたりするとこの人はただの歌手ではないなと思う。決して微笑みを忘れず、常に礼儀正しく、おごらず、高ぶらず、高尚で、上品で・・・もうあげたら枚挙に暇がないほどの稀有な人物と見ている。

だからそのにじみ出てくる彼の豊かな人間性と独特のこだわりから生まれるあのスタイル、歌唱力と品格に取り付かれてしまったと言っても過言ではあるまい。

私は秋川さんの歌う日本国家がたまらなく好きである。他の多くの歌手が国家を斉唱するのを聴いたが、日本の国家を斉唱するに秋川さんは何と言っても最高ではないか。この人をおいて他にいないと言えないだろうか。




千の風になって?一期一会? 旅立ちの日に 他
TEICHIKU ENTERTAINMENT(TE)(M)
秋川雅史

ユーザレビュー:
千の風になって一期一 ...
伴奏の音量は小さくす ...
評価分かれるかも ! ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 千の風になって?一期一会? 旅立ちの日に 他 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

千の風になって
タクミノート
秋川雅史

ユーザレビュー:
秋川は師匠素晴らしい ...
もはや古典?年に数回 ...
なぜか涙が止まらなく ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 千の風になって の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

千の風になって 想いを綴る名曲集~オルゴールの世界
株式会社ピジョン

ユーザレビュー:
珍しく半分以上の曲を ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 千の風になって 想いを綴る名曲集~オルゴールの世界 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋川雅史さんの魅力 yasukoのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる