テーマ:国際交流

サムとお別れ・川口へ

2019・6・19(水) 今朝のお目覚めの名曲は、バッハの無伴奏組曲プレリュード。 何と言ってもバッハは素晴らしい。 彼の作曲した作品は1000曲ぐらいらしいけれど、後世、すべての音楽の基礎になっているので、音楽の父と言われているらしい。 チェロの曲ではこの無伴奏組曲が最も素晴らしいと思うが、全曲聴くと2時間かかるという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛の夢・隔世の感あり

2019・6・18(火) 今朝のお目覚めの名曲は、リストの”愛の夢”。これは水野ゆみ先生のピアノソロ。 オリジナルは歌曲、でも超絶技巧のリストのピアノ曲として有名であり、黄原先生の廃盤になってしまったCDの中にある水野先生のピアノソロ。 水野先生のソロCDは2枚あるけれど、黄原先生のCDの中に伴奏以外にソロも入っていて、た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々の焼肉/ストロベリームーン

2019・6・17(月) 今朝のお目覚めの名曲は、ショパンの”チェロソナタ”。 このところニューアルバム”愛の夢”を聴く機会が多く、ブラームスの”チェロソナタ”が多かったけれど、久しぶりにショパンの”チェロソナタ”。 ショパンの曲って明るい、楽しいというイメージかな?でもショパンの”チェロソナタ”は案外静かで流れるような美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペンテコステ礼拝・トランペットは神の声

2019・6・16(日) 今朝のお目覚めの名曲は、”我が母の教え給いし歌”。 ドヴォルザークの作品で、彼の母親の思い出を50年にわたった思い出を手繰って作曲したものと聞いた。 だから音楽って、時を超え、距離を超える素晴らしいものですとは先生のお話・・・・・。 400年前の音楽が今でも新鮮で皆に愛されているのも素晴らしいこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10年ぶりの再会・日本語教室

2019・6・15(土) 今朝のお目覚めの名曲は、ブラームスのチェロソナタ。最新のCDアルバム”愛の夢”に入っている。 ショパンのチェロソナタは前のアルバムに入っていて良く聴いたけれど、ブラームスは初めて聴いた。 富山では、生の演奏を堪能した。感動の演奏だった。 この日、バッハの無伴奏プレリュード、サラバンドも聴いた…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

コロラドから

2019・6・14(金) 今朝のお目覚めの名曲は、動物の謝肉祭よりあの有名な”白鳥”。 チェロと言ったらまず”白鳥”だろうか。 静かで何とも言えない哀調のあるメロディにうっとり。 殆どのチェリストが演奏しているチェロの名曲。 黄原先生のアルバム全100曲以上、に重複しているのはこの”白鳥”と”永遠の神の都”だけかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女子会

2019・6・13(木) 今朝のお目覚めの名曲は、浜辺の歌。 この曲は、先生がまだ上海交響楽団の首席チェリストで若いのに超エリートだった頃、一番最初に出会った日本の曲だったという。 いい曲だなあと日本にあこがれたらしい。 それでCDにも入れたし、ソロコンでも時々演奏される。 私も大好きで24の瞳でも素晴らしかったが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病院デー

2019・6・11(火) 今朝のお目覚めの名曲は、シベリウスの"フィンランディア"。 私の愛唱歌で、まあ私にとって第二の故郷と勝手に思っているフィンランドの第2の国歌と言われている。 私のやがて60年來の友の住む森と湖の国フィンランドは、長い間大国スウェーデンに支配され、ロシアの圧政下に苦しみぬいた国だけど、人々の心は豊かな自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沼津交響楽団定期演奏会

2019・6・1(土) 今朝のお目覚めの名曲は、タイスの瞑想曲。 オペラ”タイス”の中で歌われるアリア。誰でもが知っている名曲で、最新版のアルバムの1曲目を飾っている。 お目覚めに聴くには素晴らしく優しいメロディ。 昨夜娘が帰省してウオークマンに入れてくれた。 お陰様で念願の曲目の納められたCDの名曲がベッドの中でも聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リトアニアの方々と東京で交流

2019・5・27(月) 今朝のお目覚めの名曲は、イギリス民謡であり、賛美歌のアメイジンググレイス。 CDも素敵だけど、昨年沼津のクリスマスチェロコンサートではピアノとチェロとコントラバスのトリオ。 やはり生演奏は素晴らしかった。 私にとってこの曲は昔、黒人霊歌だと思っていたが、アフリカンアメリカンがアメリカで奴隷解放の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語教室・ショッピング

2019・6・25(土) 今朝のお目覚めの名曲は、シューマンの”アダージョとアレグロ”。 本当に素晴らしい名曲で、多くのチェリストたちが演奏している。 昨日は終日在宅だったのでYou Tubeで沢山のチェリストたちの演奏を聴き比べていた。 皆さん同じ曲を弾いているので、お一人お一人の音色を聴き比べ、自分の心にどう響くか・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際交流と音楽(5・23FM収録分)

2019・5・24(金)                        国際交流と音楽  私が初めて海外へ行ったのはおよそ20年前のことになります。 私は長い間、金融機関に勤めていたため、当時連続休暇は非常に取りにくく、招かれても休暇を取っていくことはできませんでした。 ですから在職中の若い頃には出かけられません…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

第29回Love Sonata in静岡

2019・5・16(木) 今朝のお目覚めの名曲は、クライスラーのロンディーノ。 クライスラーと言えば世界的ヴァイオリニストで作曲家。 愛の喜び、愛の悲しみはよくヴァイオリンで聴くが、チェロのアルバムに美しきロスマリンとこのロンディーノが入っているので、ともにクライスラーらしい美しい旋律。 今朝も素敵な目覚めだった。 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上海・杭州の思い出をDVDで

2019・5・13(月) 今朝のお目覚めの名曲は、カッチーニのアヴェ・マリア。20曲以上あるアヴェ・マリアの曲の中で一番好きかな。 歌詞が最初から最後までアヴェ・マリアであることも素敵だし、メロディラインが何とも言えない。 昨年12月沼津のコンサートで演奏していただきたかったけれど、1時間半の中でコントラバスとのデュエット…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

立夏・多文化共生ボランティア研修会

2019・5・12(日) 今朝のお目覚めの名曲は、サンサーンスの白鳥。 これは”愛のあいさつ”のアルバムに入っていて、先生が一番力を入れて作ったアルバムだという。 曲目説明書の写真もイタリアに行って撮影したり、枚数も最も多く、このアルバムだけピアノ伴奏が黒川先生。 昨日昼間少し寒かったのでベッドの中でウオークマンを消して…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Bon voyage!!

2019・5・10(金) 今朝のお目覚めの名曲は、ラフマ二ノフのラプソディ。 ラフマニノフって交響曲でもピアノソナタでもどうしてこんなに人の心を捉えるのだろうかと思うほどに素晴らしい。 今朝は昨日よりはいくらか温かかったが、でもまだ寒い。 今朝7時50分の羽田発の飛行機で中国は武漢、その他の都市へ東京スカイ重奏団の一行は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒い!嬉しいニュース

2019・5・9(木) 今朝のお目覚めの名曲は、カタルーニャ民謡”鳥の歌“。 チェロの神様、カザルスが編曲して国連本部で演奏して一躍有名になり、ホワイトハウスでも大勢の賓客の前でカザルスが演奏した。 カタルーニャ地方では民謡として有名だけど、元は賛美歌で、キリストの誕生を小鳥たちが祝っていると言われる。 チェロの神様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皐月も2日目、八十八夜

2019・5・2(水) 今朝のお目覚めの名曲は、ラフマニノフのヴォカリーズ。 ラフマニノフの曲は大好き、とりわけ2番とこのヴォカリーズ。 ゆったりとした旋律は本当に心に染みわたる。 昨日まで少し寒かったが、今朝はお布団の中で汗をかいていた。24~5度かな? このような気温の変化は身体に堪える。 今日はいつもより軽装で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病み上がり

2019・4・28(日) 今朝のお目覚めの名曲は、オペラ・トゥーランドットから”誰も寝てはならぬ“。 フィギュアスケートで世界的に有名になった曲で知らない人はいないのではないかなあと思うほどに有名な曲。 朝お目覚めにオペラのアリアの熱唱は重たい。 でもチェロのソロなら静かに受け入れられるかな。 このオペラを観た時、大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

快晴温暖

2019・4・18(木) 今朝のお目覚めの名曲は、日本歌曲で”浜辺の歌”。 黄原先生が日本の歌で最初に好きになった曲だと伺ったが、私も大好き。 先日題名のない音楽会で日本で最初に音楽留学をして、西洋音階の曲を作曲された女性が紹介され、その後続々と日本にクラシック界を広げていった作曲家と童謡にクラシックの音階を使うようになった山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春先のお天気は・・・・・

2019・4・12(金) 今朝のお目覚めの名曲はラフマニノフの"ラプソディ"。 いつも思うことだけど、ラフマニノフってどうしてこんなに素晴らしい曲をたくさん作ったんだろうって。 私より70年も前にロシアに生まれたらしい。 ピアニストで、作曲家で指揮者でもあった。亡命先のアメリカで私の生まれる前の年に亡くなられたようだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

櫻が咲かない

2019・4・2(火) 今朝のお目覚めの名曲はイギリス民謡でアメイジング・グレイス。 世界中で親しまれている曲かな…・何とも素晴らしい1曲。 よく黒人霊歌と間違われることが多いとか、日本では賛美歌で、たくさん好きな曲はあるけれど大好きな1曲。 アメリカでアフリカン・アメリカンが奴隷解放を叫んでこの歌を歌って行進したという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神の手

2019・3・31(日) 今朝もお目覚めの名曲は無し。 寂しいけれど、ここはホームグラウンドではないから。 ウオークマンもスピーカーも、持ってきたのにセットするのを忘れていて~~。 今朝は5時に起きてお出かけの支度。 いつも朝遅いのに、楽しみの時はさっと起きられる。 蒲田駅まで娘に送って貰って、予定より早い電車で東京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春分の日

2019・3・21(木) 今朝のお目覚めの名曲は、ルビンスタインのメロディー。 CDアルバムのタイトルを飾っている名曲。 昨晩長女が車で帰省した。 早速新しいシモンズのハードのベッドメイキングをしてご満悦。 私のベッドメイキングも春仕様に代えてくれた。 私一人ではなかなかできないのでとても助かる。 布団乾燥機も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上京・ムーミンカフェ

2019・3・12(水) 今朝のお目覚めの名曲はアイルランド民謡ロンドンデリーの歌(ダニーボーイ)。 幼い頃から口ずさんできた誰にでも知られていた曲かな。 大人になって聴くとまた違った思いが迫って来る哀調のある名曲。 先日東フィル、小林研一郎マエストロの演奏をラララクラシックで聴いた。 マエストロは父親が亡くなられた日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘れられない日・桃始笑・スオーロでランチ

2019・3・11(月) 今朝のお目覚めの名曲は、ドヴォルザークのユーモレスク。 子供の頃から耳に馴染んだ曲かな。軽快で楽しい感じ。ヴァイオリンでもピアノでも、よく演奏を聴いたけれど、チェロの名曲かしら? 今日は、決して忘れてはいけない日、3・11。 未曾有の大惨事となった。 あの日私は三島の帽子屋さんの店先にいた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2度目の中国への旅・FM放送用修正版

2019・3・7(木)              2度目の中国への旅 2019年2月14日、東京交響楽団室内楽メンバー10名と主催者とともに中国への演奏旅行に幸運にも同行させていただくことになりました。 半年前の昨年8月、日中友好40周年を記念するオーケストラ80名のコンサートに行きたくて、初めて中国へプラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語教室

2019・3・2(土) 今朝のお目覚めの名曲はカッチーニのアヴェ・マリア。 20曲以上ある同じタイトルのアヴェ・マリアの中で一番好きかな・・・・。 あのメロディラインが何とも言えないし、歌詞はすべてアヴェ・マリア。 歌う人は歌詞を間違えることがなくて良いかな、でも音程を間違ったら・・・・・。 難しい曲かも知れない。バッハの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々の雨・韓国料理教室

2019・2・28(木) 今朝のお目覚めの名曲はラフマニノフ交響曲2番。 多くの人が好む曲で私も大好き。 今朝日付が変わってまだ休んでいなかったので黄原先生にお誕生日おめでとうございます!!Happy birthday to you ! 生日快楽!のラインを送ってお祝いしスヤスヤと休む。 昨年先生がお誕生日は大切な日、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2度目の中国への旅

2019・2・25(月)                     2度目の中国への旅 2019年2月14日、東京交響楽団室内楽メンバー10名と主催者とともに中国への演奏旅行に幸運にも同行させていただくことになりました。 半年前の昨年8月、日中友好40周年を記念するオーケストラ80名のコンサートに行きたくて、初めて中国へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more