立夏.端午の節句.子供の日

氏そして
2022.5.5(木)

今朝のお目覚めの名曲はオケでモーツァルトの"アイネク"。
今日は24節気で立夏。
夏の始まりであり、やはり暑いと感じたかな。

72侯では蛙始鳴でカエルが泣き始める頃。
また中国では端午の節句、日本に伝わり平安時代には端午の節会といい宮中の行事であったとか。
男子の健やかな成長を願う5節句の一つ。

菖蒲やよもぎで女子は穢れを浄めると言うことで菖蒲湯に入った李よもぎ餅を食べる習慣があったのかなあ。
ひな祭りは菱餅やひなあられお白酒。
端午の節句は鯉のぼり、柏餅やちまきは今も。

しかし今は子供達の成長を祝いこどもの日となり祝日になった。
そして母の日もあるが、子供達の成長を祝うと共に母親を敬い感謝する日でもあると言う。
私はもう長い間お雛様も鎧兜など座敷幟もついぞ飾ったことがない。

せめて掛け軸だけは武者人形にして居たけど、今年は沼津に居ないので掛け替える事すらしなかった。
毎年、柏餅だけは食べるけど〜。
立夏と言えるだけ暑かったので、今日は半袖。

午前中はベランダの掃除と植物のお世話。
昼前から久々のお出掛けで、銀座へ。
3年ブロのコロナの制限のないゴールデンウイーク。

流石に銀座は賑わって居た。
歩行者天国だし車では行かず電車で。
銀ブラを楽しむなんて久しぶりだけど、楽しんだ昔が懐かしく思えるほど歩くのは辛かった。

山野楽器に行くのが目的で、欲しいと思って居たバッハの“マタイ受難曲”、ブラームスの“交響曲1番”、ドヴォルザークの“チェロコンチェルト”を。
娘はスリーンミュージックで“ひまわり”の入っているアルバムを買った。

洋品店に寄っても、若者で細身の女性の着るものしかないので目の保養。
今の流行を知った。
沼津には無くなってしまったかな、デパートと純喫茶。

やはり折角東京に来たんだから1月に1度くらい銀座に来たいね、と話したけど、病院の予約日優先だからなかなか実現不可能かも。
喫茶店も混んでいたし、お店によっては長い行列も〜。

遅くなったので夕食も済ませて帰宅。
テレビは三国史というタイトルがあったのでみたけど、今風の脚色で全くつまらなかった。
明日は娘は出勤、私は東邦医大の予約日なので準備をして休む。

お休み前の音楽は、本当に久しぶりに秋川さんの歌で、@“ウナモレコジグランデ”。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント