yasukoのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 石井好子メモリアルコンサート

<<   作成日時 : 2012/03/11 01:08   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012・3・10(土)

日本語教室終了後、雨も上がり、しかし肌寒い3時半過ぎ、お迎えに来て下さったお仲間の車で一路裾野市文化センターへ。

日本にシャンソンを広めた第一人者、石井好子さんがずっと裾野市で10年間続けてきたポピュラーシャンソンコンサート。

私が初めて秋川さんに出会った裾野のコンサートである。あれから石井先生は、ご病気で1回はお休み、翌年お亡くなりになられた。

追悼コンサートもやったし、昨年は裾野市でのコンサートを自粛したが、少し後で、同じメンバーで、場所を変えて、御殿場の時の栖でコンサートを開いた。

今年は記念すべき第10回となった。

今年のオープニングは時の栖少年少女合唱団の歌で始まり、吉原自動車学校社長・高田利江さんのアコルディオン弾き、ヨイトマケの歌。
このヨイトマケの歌は、実に心に染み渡る熱唱であった。

トークも人情味あふれるもので、後部座席から人情家ねえ、と言う声が聴こえてきた。

次は、唯一私の知らない歌手であったが、デビュー10周年と言う佐々木秀実さん。聞かせてよ愛の歌を、群衆、生きてりゃいいさなどを歌われた。

次は加藤登紀子さん。百万本のバラ、タユタウタ、今どこにいますか、愛の讃歌、私は後悔しないなどを歌われた。

元宝塚の高汐 巴さん。マドモアゼル・シャントゥ・ブルース、ヘイ・ジュテーム、歌い続けての3曲。
最初の一曲目を歌い終わって、トークに入ったとき、何か息苦しそうで、おかわいそうだった。

前田美波里さん。以前よりお顔も小さくなって、お体もずいぶん細くなられた。でもお元気で、軽やかに歌われた。
パリ・パナム、日曜はダメよ、Sing.sing.sing,When you tell me that you love meなどを歌われた。
沼津にゆかりがあるということは以前にも聞いていたが、文豪芹沢光治良の親戚にあたるとか・・・。

最後は、美川憲一さん。石井先生が多分お好きだろうと思うという衣装で登場。
彼のシャンソンは素晴らしい。石井先生、越路吹雪さん、淡谷のり子さんらが彼にシャンソンを薦めたというお話しだった。

美川さんはもう何回かこのコンサートでお聞きしているが、やはり素晴らしい。
今日は、初日の歌、嘘、貴婦人、生きるなど、すべて諸先生方の大事にしてきた歌を歌い継いでいた。

沼津も少し寒かったが、裾野は、なお寒かった。春らしくと、だての薄着をして行ったので、もう寒くてさむくて・・・・。会場でもオーバーを羽織っていた。

終わってから恒例のお食事会。また沢山戴いてしまった。そして、夜遅くなってのご帰還。
でも楽しい一日を過ごせた。
シャンソンは楽しい。

シャンソンはフランス語で歌と言う意味。ちょうどカンツオーネはイタリア語で歌と言うのと同じだ。
でも日本語になると、何か別々のジャンルに聞こえる。

でもやはり歌手のみなさんも歌謡曲とシャンソンを区別しておられた。
シャンソンは素晴らしいと思った。
次はパリ祭かな・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
石井好子メモリアルコンサート yasukoのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる