未亡人?

画像

2011・2・5(土)

今朝も早く目覚めた。今朝は可燃ごみを捨てる日であるのに、間違って、プラスティックゴミを3袋も捨ててきた。途中で気が付いて取戻し、可燃ごみを捨てに再び行ってきた。
朝からおかしい。ぼけたかな?

昨日夕方娘と一緒に電車で沼津まで行って、私は下車して英会話に、娘は新幹線に乗り換えるため、三島まで。授業中眠くてたまらなかったが、今まで張りつめていた緊張が解けたのか、疲れが出たのか。

昼間は、友人と支払や、ランチ、足りなくなった会葬御礼の品などを求め、隣組の皆様への御礼状を書いてプリントし、全家のポストに入れてきた。

夜は再び息子と二人になった。今までも主人が病院に長い間いたので、変わらないのだが・・・。

今朝、早くにシロアリ駆除の契約に業者がやってきた。署名欄に自分の名前を書いた。そして、私は世帯主になったことにやっと気が付いた。未亡人と言われるのだ。
応接間で業者と話している時、何時ものような明るい声が出なかった。でも背中で、主人の遺影が微笑んでいるのに気が付いて、務めて表情を明るくしようと心がけた。

帰った後、想い出に残るように写真をたくさん写した。主人の前に座って、語りかける。昔と少しも変わらない笑顔。入院中は1枚も横になっている写真を写さなかった。彼の無残な姿は残したくなかったから。
主人は永遠に微笑んでいる彼であってほしかったから。

これから市役所などいろいろな用事で出かける用事があるらしい。あわてず、ゆっくり進めて行こう。
病院に行く時間が無くなったので、私には十分な時間があるようになった。心の中にいる主人と一緒に出掛ける。もう泣いてなんかいない。これからは、今まで以上に積極的に、友人たちと過ごすことができる。
でも何時も主人が心の中にいるであろう。

今夕は、沼津市長の新春の集いで、東急ホテルに出かける。弔電の御礼も申し上げなければならない。
大勢のソロプチミストの皆様にもお会いできることだろう。
明日は教会礼拝後、総会がある。どこへ行っても御礼の言葉を述べるようになるだろう。しばらくはつつましやかにふるまうよう注意していなければ・・・。

昨日、秋川さんのコンサートチケットをお送りした方のおひとりから、クレームのはがきが届いていた。
10枚お席が揃わないということで。やっと集めた残券をお送りしたので、揃わないのは当然なので、ちゃんとお詫びの言葉を添えて出したのだが、やはりクレームがついた。夜、鄭重にお詫びをして、チャリティだし、秋川さんの声は一番遠い席までも響き渡るので、何とかお許し下さいと何回もお願いした。

先行予約分はすべて終わってしまい、後は少し会長と実行委員長の手許にある。文化センターにはA席がまだたくさんあると思う。この盛況ぶりに、会員一同取り組んで良かったと思っている。女性と女児を支援するために多くの資金を必要とする。まだあとたくさんの日数がある。A席完売まで努力をしなければ。

でも本当は主人と一緒にコンサートに行きたかったのに。私の心の中に入り込んで、チケットなしで行けるようになったね、と話した。主人は遺影の中で、ささやいている。チケットも少ないようだし、チケット代も助かったでしょうと言って笑っているようだ。

今郵便屋さんが見えて、書留やフィンランドからの弔意を表した大きなメッセージカードが送られてきた。
感激してしまった。私の交際範囲が海外に及ぶので、主人はいつも彼らのホストを務めてくれた。
皆さん知らない人ではないから、心から主人に対して哀悼の意を表してくださる。感謝である。
ほんとに良いパートナーであったと思う。

画像


画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック